日経等の高ランキングハイクラスエージェントで年収1000万以上!

日経等の高ランキングハイクラスエージェントで年収1000万以上!

転職で収入のステージも上げましょう!ハイクラス転職向け転職サイトランキング

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)の特徴
年収600万以上の方に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く転職サイトです。
○良い求人を「探す」から「待つ」へ
○キャリアの可能性が見つかる
○スカウトで市場価値がわかる

68,000件以上の求人があり気になる求人には自ら応募もできます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
転職成功するならリクルートエージェント!求人数の約90%が非公開求人
言い出しづらい【年収】【条件】【入社日程】などの交渉もお任せください!
1.あなたの強みを分析し、転職を成功に導きます!
2.ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削いたします!
3.言いづらい年収の交渉代行はお任せください!

JAC Recruitmentの特徴
マネジメント職/スペシャリスト/グローバル/エグゼクティブの転職ならJAC
◆ご利用者の満足度93%◆年収800万円以上の求人多数◆550名以上のコンサルタントがサポート
自分では探せなかった求人で、満足度の高い転職を実現
企業を熟知しているコンサルタントに安心感
応募先企業に合わせた具体的なアドバイスが良かった
親身で迅速な対応が心強く、知人にも紹介したい

日経等の高ランキングハイクラスエージェントで年収1000万以上!

ハイクラス,年収1000万以上,エージェント,ランキング,日経

 

ハイクラス求人で年収1000万以上を目指せるエージェント

転職エージェントの中には年収1000万以上も可能なハイクラス求人を取り扱っているエージェントもあります(たとえば日経運営の「日経HRエージェント」など)。ハイクラス求人は年収1000万以上いくだけあってエグゼクティブ(経営者や役員、上級管理職)の仕事になります。

 

普通のエージェントだと当然ながらこういったハイクラス求人とマッチングすることはできないので、年収1000万以上を狙う場合はエージェント選びに気をつけなければいけません

 

ただし、ハイクラス求人を取り扱っている転職エージェントならどこでもいいというわけではありません。
というのも、ハイクラス求人の転職が成約するとエージェントに多額の仲介料が行くからです。
そのため、質の悪いエージェントだと仲介料欲しさに求職者の気持ちを無視したサービスを行う可能性もあるわけです。

 

ランキング上位のエージェントでハイクラス求人を利用しよう

仲介料欲しさでハイクラス求人を提供するエージェントを避けるには、母体のしっかりした日経運営の「日経HRエージェント」やランキング上位のエージェントを参考にするのが一番です。

 

インターネットにはエージェントをランキング化した情報サイトが数多くあります。その中のハイクラス求人を取り扱っている年収1000万以上を目指せるエージェントのランキングを見れば、質の高いエージェントがどこかすぐにわかるという寸法です。

 

ランキングを参考にする時は一般型のエージェントヘッドハンティング型のエージェントかを特に見ておくといいでしょう。ハイクラス求人を取り扱っている年収1000万以上を目指せるエージェントはこの2つのタイプに分けられるからです。
ちなみに日経運営の「日経HRエージェント」はヘッドハンティング型となります

 

ランキングで注目すべき一般型とヘッドハンティング型

ランキングで注目すべき2種類のエージェントですが、一般型とは何かというと、ハイクラス求人を取り扱っている取り扱っていないにかかわらず転職エージェント全般で最も基本的なスタイルのことです。

 

一般型はコンサルタントやアドバイザーが担当者となり、エージェント内の求人情報から求職者の希望や適性に合った求人を紹介するサービスを提供します。
一般型というタイプに分類されても、ハイクラス求人の数が多いので、その分、ハイクラス求人の比較・選別が容易にできます。

 

それに対して日経運営エージェントをはじめとするヘッドハンティング型はコンサルタントやアドバイザーといった担当者がつかず、ヘッドハンターが求職者をスカウトするスタイルを指します

 

年収1000万以上を目指しやすいのはヘッドハンティング型

特に年収1000万以上のハイクラス求人を目指しやすいのは日経運営の「日経HRエージェント」等のヘッドハンティング型です。そのため、ランキングを見る時はこのヘッドハンティング型のエージェントに絞って参考にするのもいいでしょう。

 

なぜヘッドハンティング型のエージェントは年収1000万以上を目指しやすいかというと、ヘッドハンティング型のエージェントは年収1000万以上のハイクラス求人を公にしないからです。
年収1000万以上のハイクラス求人によってはビジネス戦略的に公開しづらいものもあります。そのため、最初から非公開で求職者と年収1000万以上のハイクラス求人をマッチングするヘッドハンティング型の方が年収1000万以上のハイクラス求人が集まりやすいわけです。

 

ランキング上位に上ってくる日もまもなく!日経運営の「日経HRエージェント」

「日経HRエージェント」は日経の子会社であり、日経のネームバリューを生かしたエージェントサービスを取り扱っています。
日経は誰でも知っている有名企業なので、エージェントサイトのランキングでは上位に上ることも珍しくありません。

 

日経といえば日経新聞ですが、実は日経はもともと新聞で年収1000万以上のハイクラス求人を掲載していました。その情報をインターネット上でも対応しようという目的で日経HRは「日経HRエージェント」というエージェントサイトを開設したわけです。

 

ただ「日経HRエージェント」は、最近立ち上げたばかりのエージェントで、業界では後発になるため、ランキングで必ず1位になるというわけではありません。そのため、転職エージェントの候補のひとつととらえておくといいでしょう。

 

ただし、母体がしっかりしている日経なのであっという間に評判も高まるでしょう。
早めに登録しておくのがおすすめです。

 

ランキングを見る時は口コミ評判情報も参考にしよう

年収1000万以上のハイクラス求人を取り扱うエージェントのランキングを参考にする時は、それぞれのエージェントの口コミ評判も見ておくといいでしょう。

 

口コミ評判にはそのエージェントを利用した求職者の体験談が寄せられているので、何か悪いことをしているエージェントだった場合、その実態が口コミ評判に表れている可能性があります。

 

またランキングの口コミ評判に成功体験が載っていれば、それを真似することで自分の年収1000万以上のハイクラス求人の転職成功に役立てることができます。

 

トップへ戻る