転職スカウト型のサイトの評判 返信での断り方・内定について

MENU

転職スカウト型で実績のある転職サイトランキング

リクナビNEXTの特徴

【転職決定数No.1】転職者の約8割はリクナビNEXT
リクナビNEXTに登録することは転職成功への第一歩
1.グッドポイント診断であなたの強みを発見し、企業に伝えられる!
2.非公開求人からもスカウトが届く
3.圧倒的な求人数・常時5000件以上を掲載
まだ転職するか悩み中・・・という方も気軽にスタート
簡単”3ステップ”で、リクナビNEXTに無料登録!

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)の特徴

年収600万以上の方に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く転職サイトです。
○良い求人を「探す」から「待つ」へ
○キャリアの可能性が見つかる
○スカウトで市場価値がわかる

68,000件以上の求人があり気になる求人には自ら応募もできます。

転職サイト@typeの特徴

@type[アット・タイプ]はひとつ上を目指す人のキャリア転職サイトです。
「正社員」「英語」「女性」「未経験」「大手優良企業」「非公開求人」など様々な条件で求人検索できます。
面接対策に最適な情報が見れる「面接情報ページ」
求人募集企業からアプローチが届く「スカウト」
「応募歓迎」「オファーDM」「マッチング」などの独自機能もご用意!
あなたの転職活動をサポートします

転職スカウト型のサイトの評判、また返信での断り方・内定について

転職スカウト型,断り方,返信,内定,評判

 

転職スカウト型のサイトとは何か?またその評判は?

転職スカウト型のサイトとは何かというと、転職希望者がプロフィールを登録しておき、そのプロフィールを見て興味を持った企業が転職希望者ににスカウトをするという仕組みを持った転職サイトのことです。

 

双方のマッチングができるので企業と転職希望者の両方にメリットがあると評判です。

 

転職スカウト型とは言うものの、それ専用のサイトというよりは、大手求人サイトにほとんどにスカウトメール機能が備わっていて、その機能を使って行う転職の方法全般を転職スカウト型と呼んでいます。

 

転職スカウト型のサイトの評判

ここで転職スカウト型サイトの評判をあげてみましょう。

 

効率よく転職のチャンスを待つことができる

自身の希望や能力を登録した後は、企業からのメールを待つというパターンなので、現在の仕事をつづけながら転職のチャンスをうかがうことができます

 

また、転職スカウト型のサイトを通してオファーが来るのを待つのと並行に別の転職活動に専念することで、転職の成功率が高まります。スカウトしてきた企業が気に入ればその企業の内定を得れば良いですし、自力で行っている転職活動が成功してもやはりそちらで内定を得ることができます。

 

自分を必要とするところからのメールである

自分の能力を客観的に判断して送ってくるメールなので、自身が思っているものとは別の市場価値や能力を判断してくれている可能性がありますので、自分も知らなかった一面を新しい職場で発揮できるかもしれません。

 

とはいっても、企業から送られてくるメール全てがあなたの採用を希望する熱心なメールではありません。
転職スカウト型サイトを利用する上で重要な見極めどころとなりますので、こちらについても少々説明しておきます。

 

転職スカウト型サイトのメールにはいくつかのタイプがある

転職スカウト型サイトから送られてくるメールは大きく分けて2つのタイプがあります。

 

    DMに近いメール
    企業が本気であなたを採用しようと思って送ってくるメール

     

     

    DMに近いメール

    あなたが登録をした、性別や年齢、希望職種など基本的な項目をマッチングして一斉に送られるメールですので、あなた以外に属性が似た人に大量に送られているメールです。

     

    企業としても「大量に送るのでその中から誰かが連絡してきてくれて、その中で良い人が見つかればいいか」くらいの感じで送っているくらいのメールだと思ったほうがよいでしょう。

     

    企業が本気であなたを採用しようと思って送ってくるメール

    こちらは、あなたの職務経歴や希望などをじっくりと見たうえで「求めているぴったりの人材である」「この人の能力に報酬を出したい」と企業が判断した時に送ってくるメールですので、内定に限りなく近いメールだと思って良いでしょう。

     

    ですので、返信や万が一希望しない場合の断り方にも注意をはらう必要があります。

     

    スカウトのオファーが来た時の返信・断り方について

    転職スカウト型のサイトに登録後、企業からスカウトメールが来たら必ず返信しなければならないと思う転職希望者もいるでしょう。
    メールの返信は社会人として確かにマナーといえることですし、実際返信するのが悪いというわけではありません。

     

    しかし、スカウトを断るつもりであれば全てのスカウトメールに返信する必要はありません。

     

    なぜ全てのスカウトメールに返信する必要がないかというと、DMに近いメールもその中には含まれているからです。

     

    DMに近いスカウトメールは多数の転職希望者に一斉送信で送られてきているからです。
    転職者一人ひとりを確認してオファーを出しているわけではないので、返信や断り方に気をつかう必要はないのです。

     

    そのため、DMに近いスカウトメールの最善の断り方は放置しておくことなのです。
    実際に転職スカウト型のサイトによっては「返信しないこと」をDMメールへの断り方として明記しているところもあります。

     

    スカウトを受けて内定を得たい時の返信について

    転職スカウト型のサイトにおけるDMタイプのスカウトメールの断り方は「メールに返信しない」ことですが、「企業があなたを採用したい、面接したい」と思って送ってきているスカウトメール、いわばプライベートメールに近い内容のメールを受け取った場合は、メールになるべく早く返信をする必要があります。

     

    スカウトメールの返信の文面も当然採用選考で考慮されます。
    いくらあなたを採用したいと思っている企業だからといえども、ここであなたが良い加減な言葉遣いをしてしまうと減点され、内定がもらえなくなる可能性が高まります。

     

    といってもハイレベルな文章が必要なわけではなく、社会人としての丁寧な文面であれば返信は問題ありません。

     

    転職スカウト型のサイトによっては文章の指導を行い、評判を得ているところもありますので、ぜひ活用することをおすすめします。

     

    スカウトが来たからといって偉そうにしてはダメ
    転職スカウト型のサイトでプライベートメールが来たということは自分に価値があると企業が認めたということですが、だからといって偉そうにしてはいけません。

     

    単純に社会人としての知識が備わっていないと思われますし、偉そうな態度を取ると最悪の場合、転職者としての評判が下がります。
    特にスカウトされた後の面接で「志望動機」を聞かれた時に「スカウトされたから」と答えるのは非常にまずいです。

     

    確かにスカウトされたから面接を受けているわけですが、そのまま答えた場合、内定は絶望的になります。
    内定を得たいのであればしっかりと面接を受けている企業の特色を志望動機にからめるべきです。

     

    評判の良い転職スカウト型サイトなら企業からのプライベートメールも充実

    評判の良い転職スカウト型サイトは、DMタイプの一斉送信メールではなくプライベートメールが充実しています。プライベートメールは内定が確実というわけではありませんが、公開一斉送信のDMメールに比べれば内定の可能性が非常に高いです。

     

    プライベートメールは一人ひとりの転職者を見定めて特に採用したい人材だけに送られるものです。

     

    そのため、評判の良い優良企業であることが多く、優良企業の仲介をしているだけにそこは評判の良い転職スカウト型サイトといえます。プライベートオファーで内定を得たければ、評判を比較しながら利用する転職スカウト型サイトを選ぶと良いでしょう。

     

    転職スカウト型サイトによっては、DMタイプのメールと、プライベートメールの間に位置するタイプのメールもありますが、基本は「企業があなたを作用しようと思って送ってくるプライベートメール」に注力するようにしてください。

     

    大手サイトでいうと、リクナビNEXTは「プライベートオファー」ビズリーチでは「プラチナスカウト」と呼ばれるメールがこのメールに該当します。

     

    転職者の評判を落とさないプライベートメールの断り方・受け方

    転職スカウト型サイトを仲介するプライベートメールはわざわざ企業の人事担当が個別にスカウトするものなので、慎重に断り方を考えるべきです。

     

    一斉同時送信のDMメールのように返信しない断り方ではなく、しっかりと文章を作成して返信する断り方が望ましいとされます。
    内容としては一般的な断りの文章でかまいませんが、心を込めて乱雑な文にならないように心がけましょう