人材の市場価値がわかる意味のある適職診断で英語など特技を活かせるかチェックしてみよう!

MENU

自分の価値をチェック!適職診断サイトランキング

転職サイト@type[転職力診断テスト]の特徴

【無料】たった10分!@typeの「転職力」診断テスト
他人と比べて自分のレベルはどのくらい?
今のキャリアと年収は見合っているのかな?
自分に足りないスキルは何だろう?
適正年収を知る
客観的な評価を把握する
強み・弱みを理解する
まずは@typeに会員登録・結果はすぐその場でわかります!

見いだす

MIIDAS(見いだす)の特徴

書類選考合格済みの「面接確約オファー」だけが企業から直接届く、唯一の転職サービス
優良企業5,500社に、MIIDASがあなたのキャリアを売り込みます。
あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかります。
希望条件に合致したオファーのみ通知するから、快適です。
7万人の転職事例を見ることができます。
まずはあなたの価値を知るために、市場価値診断からはじめましょう。

キャリアトレック

CareerTrek(キャリアトレック)の特徴

一番あなたに合った仕事を、探そう
人工知能が最適な仕事を届ける転職サイト
【最適マッチング】 独自開発した人工知能があなたにオススメの仕事を毎日レコメンドします。
【豊富な特集】 海外特集や職種別の特集など多様な特集を展開しあなたのキャリアをサポートします。
【いつでもどこでも】 スマホアプリで「いつでもどこでも」スキマ時間に転職が可能です。

適職診断は自分の市場価値を知るという意味でも大切!

市場価値,意味,英語,人材,適職診断

 

適職診断は自分の人材としての市場価値を知る意味がある

転職時に自分の人材としての市場価値を知りたくなったら適職診断を受けてみるのが良いでしょう。
適職診断というのはその名前の通り、自分の適性に合った職業を診断してくれるというサービスです。

 

たとえば英語が得意な人で、英語を活かした仕事に転職したいという人が、本当にそういう仕事に向いているのか、また分析結果から、どういうところを補ったらよいかということまでわかります。

 

自分の市場価値を知ることは転職において重要な意味を持ちます。
自分の市場価値がわかっていると、自分がどの業界に向いているのか、またどういう業界が自分を欲しているかということを分析することができ、結果的に転職も成功させやすくなるのです。

 

適職診断はさまざまな転職サイトで受け付けています

質問に答えながら診断を進めていくのですが、それぞれの転職サイトで用意されている質問が違うので、ひとつだけでなく複数の転職サイトの適職診断を受けてみても意味はあります。

 

適職診断は自分が気づかなかった人材の市場価値を教えてくれる

自分に合った仕事や市場価値など適職診断を利用せずともわかるから適職診断なんて意味がない…と考える人もいるかもしれませんが、実際は意味がないことはありません。
というのも、最初から自分に合った仕事や市場価値がわかっている求職者は少ないからです

 

働きたいと思っている業界(たとえば英語力が必要な業界)が、自分に人材としての市場価値があると判断しないケースも多くあります。

 

もちろん現時点で自分に人材としての市場価値がないからといって転職を諦めなければならないわけではありませんが、諦めないにしても自分の人材としての市場価値を知っていた方がその後の転職計画を立てやすくなるので、結局のところ適職診断を受ける意味は大きいのです。

 

上記とは逆に、英語に興味がなくても英語を生かす業界の仕事が向いている、と適職判断で判定されることもあります。

 

適職診断の最大の意味は人材の市場価値を高められること

適職診断の最大の意味ですが、それは人材の市場価値を知ることができるだけでなく、さらにその人材の市場価値を高められることです

 

どういう意味かというと、自分の現時点での人材の市場価値がわかれば、その市場価値を自分の望む転職が可能になるまで高める計画を立てることができるのです。

 

もし英語力が足りず自分の望む英語の業界から市場価値が低いと見なされているのであれば、そこから英語力を高めることによって人材の市場価値を高めれば良いのです。

 

ちなみに適職診断で判明した自分の人材の市場価値を高めるには、専門的な能力と人間的な能力の両方を身につける必要があります。

 

英語力の向上は専門的な能力の向上を意味する

適職診断で判明する人材の市場価値は大きく分けると専門的な能力人間的な能力の2つになりますが、英語力に関しては専門的な能力の方に分類されます。

 

なぜ英語力が専門的な能力に分類されるかというと、英語力はどの業界でも必要なわけではなく、一部の専門的に特化した業種・職種で必要になるからです。特に英語力はTOEICなどの点数で客観的に能力の高さを示すことができるので、意味があいまいな人間的な能力とは異なるものになります。

 

では人間的な能力とは何かというと、どの業種・職種でも必要になる人間性に関わる能力のことです。具体的にはコミュニケーション能力だったり、ストレスに耐えられる能力だったり、チームの管理能力だったりが挙げられます。

 

 

さっそく適職診断サービスを利用して人材の市場価値を把握しよう

適職診断サービスの多くは数分で完了します。

 

そのため、転職活動の時間をとらずにすぐに自分の人材としての市場価値を把握できる意味があります。
その転職サイトが気に入ればそのまま登録して転職活動を行うのも良いでしょう。

 

英語に関する仕事を探している人は、「英語」をキーワードに検索すれば、すぐに希望する英語求人を見つけることができるはずです。

 

適職診断サービスを受け付けている転職サイトにはたとえば「キャリアトレック」があげられます。
なんとこのキャリアトレックの適職診断サービスは独自開発の人工知能と連携しており、精度の高い診断が可能です。その他の転職サービスも人工知能と連携しているので、先進的な転職活動ができます。

 

現時点での市場価値や予想内定社数や年収がわかる適職診断のサービスも!

また「@type(アットタイプ)」の「転職力診断テスト」という適職診断サービスでは、10分程度のテストで、現時点での予想内定社数や予想年収、自己分析力や交渉力ビジネス基礎能力など6つの分野別に転職力を客観的に判断してくれますので、転職に向けての対策を考える手助けになります。

 

予想年収は人材の市場価値を数字で示したものともいえるので、より自分の人材の市場価値がわかりやすい意味があります。
予想年収がわかれば、転職後不当に低い年収に甘んじることもありません。

 

転職前に自分という人材の市場価値に合った年収の求人をピックアップし、応募していけばいいからです。

 

ただすべての適職診断サービスで予想年収を判断してくれるわけではないので、予想年収を知りたい場合は、しっかりとそのサービスを受け付けている転職サイトを探すようにしましょう。
例えば、「@type」のほかにも「MIIDAS」「パソナキャリア」「PROSEEK」といった転職サイトで適正年収の判断が可能です。