残業が多いことが不満な人や自分の時間が欲しい人の転職活動

MENU

残業が多いことが不満な人や自分の時間が欲しい人の転職活動

残業が多い・自分の時間が欲しい職場はもしかしたらブラック企業なのかも?

 

残業が多い,自分の時間が欲しい

 

残業をすればした分だけ残業代を支払ってくれる優良な企業もありますが、その一方、残業代が出ないサービス残業を余儀なくされるブラックな企業もたくさんあります。

 

残業が多い・自分の時間が欲しいからかならずしもその職場がブラックだとは言えませんが、残業が多いという転職理由や、自分の時間が欲しいという転職理由で仕事探しをする人は少なくありません。

 

オンとオフのメリハリをつけることは、仕事の効率化をアップするためにも必要なことですし、残業が多いことに不満を持ったり、自分の時間が欲しいと思うことは決して不思議でもなければ間違っているわけでもないのです。

 

近年では残業が多い職場を辞めてノー残業の職場へ転職する人は増えていますし、転職サイトではプライベートを充実できる職場の特集を組むなどして、自分の時間が欲しい人が満足できる転職活動をサポートしてくれています

 

ただし、残業が多い・自分の時間が欲しいという転職理由で仕事探しをする場合や自分の時間が欲しい場合にも、その転職理由はあくまでも自分の心の中に閉じ込めておかなければいけません。

 

転職理由はあくまでもプラスの理由であることが大前提なので、転職したらこういう風に働きたいから前職を辞めたい、という動機が必要です。
そのため、残業が多い・自分の時間が欲しいという転職理由の人は、プラスの動機もしっかりと面接前に考えておきたいものです。

 

残業が多い・自分の時間が欲しいとお給料は低くなるの?

 

残業が多い,自分の時間が欲しい

 

自分の時間が欲しいという転職理由で仕事探しをする場合、気になるのはお給料と忙しさの関係ではないでしょうか。キャリアアップを目指した転職だと、どうしても仕事が忙しくなってしまうので、ノー残業というわけにはいかないかもしれませんが、キャリアアップ系の転職はお給料としても反映されるので、自分なりに気持ちに整理をつけやすいものです。

 

しかし、自分の時間が欲しいという転職理由や残業が多いという転職理由で仕事探しをする場合、どんな基準で仕事を選べばよいのか難しいですし、お給料が低めの所を選べば残業をしなくて良いというわけでもありません

 

残業が多い・自分の時間が欲しいの求人探しの方法

 

残業が多い,自分の時間が欲しい

 

残業が多い・自分の時間が欲しい人がノー残業の求人を探すなら、プライベートの充実ができるとか、残業無しと明記されているような求人をまず探してみると良いでしょう。

 

もしかしたら同じ業界の中ではお給料面でイマイチかもしれませんが、残業が多い・自分の時間が欲しいという転職理由の人なら、お給料が少し下がっても残業がなければ満足できるかもしれませんね。

 

また、ノー残業をうたっている企業でも給料や年収には差があります。残業がない企業を複数比較しながら、できるだけ待遇面でも満足できる求人を探したいものです。

 

残業が多い・自分の時間が欲しい人の転職サイトの選び方

 

残業が多い,自分の時間が欲しい

 

転職サイトは、それぞれのサイトによって取り扱う求人内容が異なります。

 

転職サイトの中には、残業が多いことで不満を抱えていたり、自分の時間が欲しい人にピッタリの「プライベート充実」というキーワードで求人を絞り込むことができたり、「残業無し」という検索項目が設けられている転職サイトがあるので、残業が多い・自分の時間が欲しい人なら、そうした転職サイトをまずは探してみると良いでしょう。

 

多くの転職サイトでは、フリーワードで求人を絞り込むことができます。残業が多いことで不満を持っている人にとっては、残業がない職場への転職は最優先条件となりますから、複数の転職サイトを比較検討しながら、できるだけ満足度が高い仕事探しをしたいですね。

 

大手の企業と中小企業、どちらが残業が多いということは一概には決めることができません。

 

大手企業でも、残業をしないという社風で社員が勤務時間の中でできるだけ効率的に働けるよう工夫している企業は多いですし、一方で残業しなければ仕事が終わらずにほぼサービス残業で毎日深夜まで働くという残業が多い毎日を送る企業もあります。

 

中小企業もそれは同じで、企業の規模が大きいから残業が多いとか少ないということは言えません。

 

本当に残業が多い・自分の時間が欲しい人の仕事探し裏技とは?

 

残業が多い,自分の時間が欲しい

 

残業が多いのが嫌だとか自分の時間が欲しい人という理由で転職をしたのに、転職先でも残業が多いというのでは、転職した意味がなくなってしまいます

 

求人募集を見ただけでは、本当にどのぐらい残業をするのかが分からないことが多いものです。

 

そこで、本当に残業がない職場なのかを知るためには、その企業の離職率をチェックしたり、ネットで口コミなどを探し、実際にその企業で働いていた人の感想や体験談などをチェックする方法がおすすめです。

 

離職率が高い職場は必ずしも残業が多いというわけではありませんが、多くの人が次々と辞めるのは理由があるものです。また、残業が多い・自分の時間が欲しいと思っている人にとっては、転職後に後悔しない仕事探しをしたいですよね。

 

口コミには正直な感想がたくさんカキコミされているので、面接のときには聞くことができない裏事情や職場の環境、雰囲気なども知ることができます。