転職のすすめ~転職をしたいあなたへのブログ

残業したくない人にピッタリの転職活動の方法とは?

残業したくない人にピッタリの転職活動の方法とは?

残業したくない人はその理由を考えることから始めよう

 

残業したくない

 

残業したくないという転職理由で仕事探しをする人はたくさんいます。

 

残業したくないと思ったら、まずはただ残業したくないという気持ちにとらわれるのではなく、なぜ残業したくないのか、その理由をまず考えてみてください

 

例えば残業するとプライベートな時間が少なくなるから残業したくないのか、それとも残業代が出ないから残業したくないのか、また仕事が楽しくないから残業したくないのか、理由によって転職先に求める条件が異なります。

 

例えば、プライベートな時間を重視したい人なら、仕事探しをする際にはお給料面が少し低くなっても、ノー残業を徹底している職場なら満足できる可能性は高くなるでしょう。

 

また、一方、残業しても残業代がつかないから残業したくないという人なら、残業代が全て支給される職場なら、満足度がアップするのではないでしょうか。

 

家庭や育児と仕事を両立したいから残業したくないという人なら、残業ゼロの職場を探すと同時に、育児支援制度やフレックスタイム勤務、短時間労働システムを取り入れている職場を探すという方法もアリでしょう。

 

残業したくない人におすすめの転職活動方法とは?

 

残業したくない

 

残業したくない人の転職活動はいろいろな方法があります。

 

ハローワークや転職サイトなどに掲載されている求人募集情報の中には、残業無しと明記されているものがあります。

 

そうしたお仕事なら、残業せずに退社できる可能性が高いので、残業したくない人にとってはおススメのお仕事と言えるでしょう。

 

また、残業無しと記載されていないお仕事でも、職場によっては残業せずに帰宅することを推進していたりするので、ネットの口コミを参考にしたり、転職サイトで仕事探しをサポートしてくれる担当者に相談しながら、転職活動を進めると良いでしょう。

 

残業したくない人が転職に成功する秘訣とは?

 

残業したくない

 

どうしても残業したくないという人なら、正社員ではなく人材派遣とかパートとして働くことも検討すると良いでしょう。

 

こうした非常勤労働の場合には、基本的にどんなお仕事でも残業することは少なく、正社員が残って残業している職場でもパートや派遣は退社してくださいと促されることもあるほどです。

 

職場によって雰囲気やカラーは異なるので、できるだけ事前リサーチをしながら自分に合った職場を見つけることが、残業したくない人にとっては満足度が高い転職活動に成功する秘訣と言えるでしょう。

 

残業したくない人が選びたい転職サイトはどんなサイト?

 

残業したくない

 

残業したくないと言っても理由が人それぞれ異なるため、どんな転職サイトが便利かはケースバイケースです。

 

例えば、家事や育児と仕事を両立するために残業したくないという人なら、育児を支援してくれる企業の特集が組まれているような転職サイトが良いでしょうし、両立しやすい制度やシステムをキーワード検索できたり、検索項目にすでに取り入れられているような転職サイトを選ぶのもおすすめです。

 

プライベートを重視したいから残業したくないという人は、プライベート重視という検索項目でワンクリック検索できるようなサイトを選んでみてはいかがでしょうか?

 

残業したくないので残業が少ない求人募集を探していると言葉にする事に抵抗がある人は多いのですが、実際にはプライベート重視のために残業したくないという転職理由で仕事探しをする人はとても多く、そのために転職サイトの中には「プライベート重視」や「ノー残業」という検索項目を設けているサイトがたくさんあります。

 

ワンクリックで残業がゼロもしくは少ない職場を見つけることができるので、残業したくない人にとってはとても便利な転職活動方法と言えそうですね。

 

面接で残業したくないと言ってもいいのか?

 

残業したくない

 

求人募集を見ても残業がどのぐらい多いのか知ることができなかったら、面接のときに月の平均的な残業時間を質問するという方法があります。

 

残業したくない人にとっては、転職した後に後悔しないための予防線となるため、とても大切な質問なのですが、面接の時に

 

「残業はありますか?」

 

と聞いてしまうと

 

「残業はできないのですか?」

 

と逆に聞き返されてしまう可能性があるので、質問の仕方には注意したほうが良いでしょう

 

情報が欲しいと面接官に思わせるためには、「月、もしくは週の平均的な残業時間はどのぐらいですか?」と具体的な数字で答えてもらうような質問方法がおすすめです。

 

たいていの場合には、平均的な残業時間を数字で答えてくれますし、その後に「大丈夫ですか?」と質問されることはありますが、面接の場所で「残業したくない」という意思を伝える必要はないので、

 

「参考にしたかったので質問させていただきました、ありがとうございます。」

 

とお礼を述べるにとどめておきましょう。

 

企業にとっては、残業したくないとか残業できないという人よりは、ニーズに合わせてフレキシブルに残業できるという人を採用したいものです。

 

しかし企業の中には、残業はできるだけしないように徹底しているというモットーを持っている企業もあるため、残業したくないという転職理由で仕事探しをしている人にとっては、そうした企業を見つけて転職活動をすることをおすすめします。

 

総合【転職サイト】活法方法

  1. 困った時に頼りになるのが《転職エージェント型》
  2. 多くの企業の中から探したい時は《転職スカウト型》
  3. まず自分の適性を把握したいなら《適職診断》開始!

転職エージェント転職スカウト適職診断

タイプ別【転職サイト】活法方法

第二新卒ハイクラス女性転職派遣バイト

年齢別【転職サイト】活用方法

20代転職30代転職40代転職50代転職

トップへ戻る