転職のすすめ~転職をしたいあなたへのブログ

MENU

社風が合わない転職理由は致命的!今すぐに転職しよう!

社風が合わない理由:どの企業にも社風と呼ばれるカラーがあります

 

社風が合わない

 

社風というのはその企業のカラーのこと、つまり企業の雰囲気や組織としての性格、性質のことです。

 

人間同士の関係でも、性格が合う人もいれば合わない人もいるわけで、性格が全く合わない人と毎日一緒に仲良くしなければいけないとなると、誰でも精神的なストレスを感じるものです。

 

一対一の個人間の関係でも性格が合わないと一緒にいることが苦痛になるわけですから、自分よりもはるかに大きな存在の企業の性格、つまり社風が合わないと、これはかなり精神的な苦痛やストレスが大きくなってしまうことは簡単に予想できますね。

 

社風が合わないというのは、具体的にはいろいろあります。

 

例えば自分のペースで働ける社風もあれば、社員同士が切磋琢磨の競争する体制となっている企業もあります。

 

付き合いが良い人ほど上司から可愛がられて出世できるような社風もあれば、仕事を真面目にすることを最大限に評価される社風もあるでしょう。

 

企業ごとに雰囲気や体勢は異なりますから、社風が合わないところにいても、時間がたって自分自身が変われば社風が合わないという悩みは自然解消できますが、時間がたっても社風が合わないという悩みはなかなか解消しづらいので、悩み続けるよりは転職をして、自分と社風の合う企業を探したほうが良いかもしれません

 

社風が合わない悩みの解決法は企業の評価体制をチェック

 

社風が合わない

 

社風が合わないという悩みは、実際にその企業で働き始めてから体感することが多く、転職前にそうした社風を理解することは簡単ではありません。

 

しかし、企業ごとに人事制度や評価制度の基準は異なり、社風はこの評価制度に反映されることが多いため、社風が合わない企業への転職で失敗しないためには、評価制度を事前にシッカリとリサーチすると良いでしょう。

 

例えば、業績のみを評価するのか、それとも結果に至るまでのプロセスも評価するのかによって、企業の体制や社風は自然と変わってくるでしょうし、個人を評価するのか、それともチームやグループと評価するのかによっても、社員の働きやすさや気持ちの持ち方には影響を及ぼすでしょう

 

社風が合わないのは性格も影響しているかも

 

社風が合わない

 

客観的に企業を見て、この社風はこちらの企業よりも優れているとか劣っているというような優劣をつけることはできません。

 

その理由は、社員の側もそれぞれ性格が違うので、個人作業が得意な人もいればチームワークを得意とする人もいますし、競争しながら実績を上げることを得意とする人もいれば、競争という雰囲気にストレスを感じてしまう人もいるからです。

 

転職において大切なことは、転職希望先の企業の社風を客観的に把握するとともに、自分がどんな環境で働くのが適しているのかという点も理解し、うまくマッチングできそうな企業を探すことなのです。

 

そうすれば、社風が合わないという悩みを抱える心配はありませんね。

 

社風が合わない悩みを持っている人の転職サイトの活用方法

 

社風が合わない

 

社風が合わないという悩みを持っていて、それが転職理由になっている場合には、できるだけ自分の性格と社風がマッチしている企業を探すことが大切です。

 

それぞれの企業ごとにカラーが異なるため、リサーチしながら一つ一つの企業を研究したり解析すればどの企業が自分にとって社風が合っているのかを見つけることは可能です。

 

しかし、其れには膨大な時間がかかりますし、リサーチしている間に求人が埋まってしまう可能性も高いですよね。

 

そこでおすすめなのが、すでにそうした専門的な知識を持っている転職サイトを活用した仕事探しの方法です。

 

転職サイトに登録すると、その業界や職種に精通したプロの担当者が仕事探しをサポートしてくれるので、悩みや相談を打ち明けながら自分にピッタリの企業を見つけるサポートを依頼しましょう。

 

現在の職場で社風が合わないという悩みを持っているなら、その悩みを打ち明けて、こんな社風の企業で働きたいと相談すれば、担当者はその時に出されている求人募集の中からいくつかをピックアップして紹介してくれます。

 

自分1人で転職活動をするよりも、プロのサポートを受けながら仕事探しをしたほうが安心できますし、失敗せずに満足できる転職先を見つけやすいのではないでしょうか。

 

社風が合わないのは業界によって異なる社風のせいかも

 

社風が合わない

 

社風は企業ごとに異なりますが、業界によっても社風や風潮は異なり、業界ごとに傾向があります

 

例えば金融業界は金銭を取り扱うため、真面目でコツコツ働く人が採用されやすいですし、仕事が終わらなければ容赦なく残業ということは珍しくありません。

 

また近年人気急上昇中のゲーム業界では、学歴や経験よりも実績やスキルが重要視されるため、残業してでも他人よりも早く画期的な商品を作り上げるやる気やエネルギーが求められます。

 

どの業界でも、社員にとって好きなように働かせてくれるという社風の企業はほとんどないので、転職の際には社風が合わない悩みを持たないためには、まず企業の社風を研究した上で自分に合ったところを探すのが得策と言えるでしょう。