転職のすすめ~転職をしたいあなたへのブログ

女性が働きにくい職場や女性が活躍しにくい職場からの転職

意外と多い女性が働きにくい・女性が活躍しにくい職場

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

日本企業の中には、能力がある女性にとっては、男性と同じ土俵で働くことができず、あらゆるシーンで女性が働きにくいと感じたり、女性が活躍しにくいと感じることはあります。

 

男女雇用機会均等法は存在していますが、企業の社風の中で、どうしても女性よりも男性の方が昇進するスピードが早かったり、責任のある仕事を任せられるのはいつも男性だったりすると、働く女性としては精神的なストレスを感じますし、イライラが蓄積してしまいます。

 

女性が働きにくい職場や女性が活躍しにくい職場は、その企業そのものの風習や慣習などを変えない限りは社員数人で変えることは難しいため、その職場で現状を打破しようとするよりも、転職先を探したほうが、自分自身の満足度を短期間で高めることにつながります

 

女性が働きにくい・女性が活躍しにくい人におすすめの職場とは?

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

女性が働きにくいと感じたり、女性が活躍しにくいと感じない職場というのは、どんな職場なのでしょうか?

 

例えば外資系の企業は基本的には男性と女性という性別で昇進のスピードが変わることはないため、能力があれば女性でもキャリアアップやスキルアップしやすい環境が整備されています。

 

外資系企業だと、転職する際には持っている経験やスキル、知識に加えて語学力もかなりハイレベルで必要となるため、外資系でバリバリ働くことは狭き門となりますが、女性が働きにくい職場や女性が活躍しにくい職場で働いていて、転職を考えている人なら、ぜひ挑戦してみたい企業ではないでしょうか。

 

女性が働きにくい・女性が活躍しにくい人が活躍できる職場

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

女性が多く活躍している職場も良いでしょう。企業のホームページなどを見ると、役員が一覧などで紹介されていることがあります。

 

女性登用率をチェックしてみてください。

 

ほとんど男性ばかりで女性がごくわずかという割合なら、残念ながらその企業は女性が働きにくいかもしれませんし、女性が活躍しにくい職場かもしれません。

 

しかし、男性役員の数と女性役員の数が同じぐらいなら、キャリアを目指したい女性にとっては大きなチャンスが期待できる職場と言えるでしょう。

 

女性が働きにくい、女性が活躍しにくい職場からの転職方法

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

女性が働きにくいとか、女性が活躍しにくいと感じている職場から転職する際には、転職サイトを活用した仕事探しがおすすめです。

 

転職サイトの中には、女性の転職を応援して特集として組んでいる業者などもあり、そうした転職サイトを利用すれば、女性が活躍しやすい求人募集を見つけることができるのではないでしょうか。

 

大企業よりも中小企業の方が女性は活躍しやすい土壌にありますし、地方よりも都市部、伝統ある企業よりもベンチャー企業のほうが、女性にとっては働きやすいと感じたり、活躍したり昇進しやすいですね。

 

女性が働きにくいと感じていたり、女性が活躍しにくいと感じている職場から転職を希望する女性の多くは、キャリアアップやステップアップを求めている優秀な女性が多いものです。

 

そのため、転職活動をしている中では、好条件で採用してくれそうな求人に出会うかもしれません。

 

特に大企業で働く収入や福利厚生は目を見張るものがあるため、それを横目に中小企業やベンチャー企業を探すのは、精神的にはつらい作業かもしれません

 

大企業なら必ずしも女性が働きにくいというわけではありませんし、中小やベンチャーなら絶対に女性が働きやすいというわけでもありませんから、もしも良さそうな条件の求人を見つけたら、まずは事前リサーチをしたり、転職サイトの担当者に相談しながら、女性が働きやすいかどうかをチェックしましょう。

 

口コミを調べたり、面接の際に女性の登用率はどのぐらいかという質問を投げかけることもおすすめです。

 

女性が働きにくい職場、女性が活躍しにくい職場は改善できるのか

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

女性が働きにくいと感じる職場や、女性が活躍しにくい職場を改善することは、不可能ではありませんが簡単ではありません。

 

その理由は、その企業には創業当時からの伝統や風習、慣習が残っているためで、会社の評価体制なども古くから根強いているカラーがあるためです。

 

また、女性は男性と同じ土俵で働ける環境が企業から提供されていたとしても、出産や育児などでどうしても仕事に100%集中できない時期があったり、家庭や育児と仕事を両立しなければならないために、企業としては責任ある仕事を任せにくいという点も、女性が活躍しにくい職場が多い背景にはあるようですね。

 

女性が働きにくい・女性が活躍しにくいの面接攻略法

 

女性が働きにくい,女性が活躍しにくい

 

もしも、女性の登用に積極的な企業を見つけて面接に行く場合には、面接官から質問される前に、自分が具体的にどんな風に企業へ貢献できるのか、また将来はどんな風に働きたいのかを自己アピールするという方法も効果的です。

 

女性が活躍しにくい職場の中には、未婚の女性に対して「結婚とか出産についてはどう考えているのですか?」と質問してくる面接官がいます。

 

そうした点については、転職サイトで仕事探しをサポートしてくれる担当者に相談しながら回答を準備することをおすすめします。